460円でコスパ最高!地元が愛される銭湯『小杉湯』の魅力【高円寺駅徒歩5分】

こんにちは、ひよこん(@motokon1226)です。

高円寺駅に友人が一人暮らしをしてから、何かと高円寺駅周辺で飲む機会が増えたのですが、それがきっかけで素敵な銭湯に出会えたので、今日はその「小杉湯」をレビューします。

地元から愛される銭湯『小杉湯』

小杉湯は、高円寺駅から徒歩5分のところにある、老舗の銭湯です。

地元からとても愛されていて、営業時間は15:30から深夜1:45まで(最終入場1:30)。大人は460円、中人(小学生)180円 小人 80円と入浴料はリーズナブルで、タオルが無料レンタル。40円払えばバスタオルも借りられるので手ぶらでも行きやすいです。しかもそのバスタオルもふわふわ。

手ぶらで行ける手軽さと、リーズナブルな価格が、地元に愛されている理由の一つかもしれません。

なんといっても『ミルク風呂』が素晴らしい

また、価格が安いだけじゃないのが小杉湯の魅力です。なんといっても、小杉湯独特の「ミルク風呂」が体にしみます。


このミルク風呂に入ると、体がすべすべになり、体の芯から温めてくれます。この「ミルク風呂」があるからまた小杉湯にいきたいなぁと思わせてくれます。

仕事帰りや飲み会のあととかに来ると、体を芯から癒してくれます。本当にスバラシイです。

他にも日替わり・週替わりで色んなお湯に変身する

ミルク風呂があるだけでなく、実は日替わりで色んなお風呂に変わります。コーヒー風呂、日本酒風呂、最近だと酒粕風呂などなど…。このバリエーションの多さも、今日はこのお風呂だから行きたいと思わせてくれるんですよね。

ミルク風呂はぬる湯、といっても40度越えらしいですが体の芯から温める感じ。日替わり風呂は結構熱くて長くは入れないけど、この熱さがまたクセになります。

小杉湯では「交互浴」が大人気

そしてなんといっても熱い湯船と冷たい水風呂を交互に入る「交互浴」が小杉湯でおすすめされています。

熱い湯船で血管が拡張して、副交感神経(リラックス時に働く神経)が優位になり、水風呂で血管が収縮し、交感神経(活動時に働く神経)が優位になります。これを繰り返すことで血行が改善したり、自立神経が整い、肩こり解消・疲労回復・ストレス解消・不眠解消・冷え性解消などの効果があると言われています。

初心者コース、中級者コース、上級者コース、宇宙コースの4つのコースがイラストで分かりやすく描かれています。

この交互浴の素晴らしさは、漫画家「大町テラス」さんの漫画『お熱いのがお好き?』わかりやすく伝えてくれています。小杉湯にはまっている人ならこの漫画が代弁してくれているのがわかるはず。

「お熱いのがお好き?」の第14話 あなたを待つ間に

銭湯だけじゃない!不定期でフェスもやっています

さらにさらに、小杉湯はお湯だけじゃなく、イベントもたくさんやっています。昼とかに浴槽でマリンバやったりとか、サウナイベントやったりとか…日によって様々なイベントがあって飽きさせないです。

この動画とか見てみると、この銭湯、ほかと違うな…!と思わせてくれるはずです。

情熱大陸に取り上げられました

最近だと情熱大陸にも取り上げられました!塩谷歩波さんというイラストレーターの方が取り上げられていて、小杉湯の親しみを感じるイラスト一つ一つは塩谷さんが描いているそうです。先ほどの交互浴のイラストも塩谷さんが描いたものです。

ぜひ、一度行ってみるべし

高円寺に来た際は、ぜひ一度行ってみるべきです。「銭湯図解」という本に小杉湯の様子が詳細にわかるイラストが描かれているので、本屋で少し見てみるのもおすすめです。

最近だと朝風呂もやっているみたい。

小杉湯
・営業時間 夕方3時30分から深夜1時45分まで
・住所 東京都杉並区高円寺北3-32-2
・電話番号 03-3337-6198
・定休日:毎週木曜日
・入浴料金 大人460円、中人180円(小学生)、小人80円(幼児)

番頭兼イラストレーターの著者が建築の図法で描く人気シリーズ初書籍化。24軒の「銭湯図解」をカラーで収録。浴室内部を精密な俯瞰図で描く「銭湯図解」
初版発行: 2019年2月 著者: 塩谷歩波

ひよこん

1 Comment